大雄山最乗寺(道了尊)奥の院手前

2017-01-31 11:37

神奈川の実家に帰省した際に、”新しい年は神様のお祝いだから…”と、
年末にご先祖様のお墓参りをしつつ、
過去にご縁のあった仏さまのいらっしゃるお寺を、ちょっとだけ回りました。

その中に表題の大雄山最乗寺(道了尊)もありました。
参道のいたるところに天狗さんが居たりして、
天狗さんで有名なお寺で、お堂の数もたくさんあるところなんですが…

沢山の石段を登って色々なお堂の前を通り、
更に物凄く急でたくさんある石段を登っていくと、奥の院があります。
せっかくだから奥の院まで行こう…として、奥の院へ登る石段の入り口でちょっと
”体重くなったし、気が重いなぁ~~”って立ち止まったら、
”どうした?怖気づいたか?(笑)”
”ほれ、行ってこい!!(笑)”
と言わんばかりのお二方…( *´艸`)

14858278495263.jpg
14858278494852.jpg
こんなところにも、いらっしゃったのねぇ~~。
しかも両方とも角生えてるし…( *´艸`)

獅子・狛犬さんはお寺にはいない…と、勝手な勘違いをしていたラマ子、
小さい頃から来ていたのに気づきませんでした。(-_-;)
階段上る前に深呼吸をして抱きついてから奥の院に挑みたい、
そんな大雄山最乗寺(道了尊)のお二方でした。

因みに…
小さい頃からここに来ると、帰りに近くの売店で名物の”みそおでん”
を食べて帰るのが楽しみだったのですが、大みそかのこの日、
来る新年の参拝客を夜通し迎えるために、
どこのお店もシャッター閉めて準備に大忙しで”みそおでん”にはありつけませんでした(T_T)

ふと気がついたら本当に可愛かった…

2017-01-31 11:24

ラマ子地方に引っ越してきて、結婚式やら子供の節目やら、
厄除け祈祷やら…

色んなことでお世話になっている最初に越した所の氏神様。
その参道にたたずんでいる獅子・狛犬さんが、
ふと見たら本当に可愛くてたまらない…
そう思ったのが去年の秋ごろ。

それがこのお二方。
14858278051560.jpg
14858278052231.jpg

裏に刻まれている文字も薄すぎてわからないし、
宮司さんも細かい話は分からないみたいなので、
彼らがどうしてここでお仕事しているかはわかりません。
誰が作ってどこでどうしてここに居るのか…
気になってしょうがないのですが、わからんものはしょうがない。

神様を守るため参道に睨みを利かせているはずが、
神様の物を盗まれてしまったり、
震災で鳥居や神社のいたるところが壊れ、
悲しいし悔しい目にも遭っている彼ら。
だからこそ余計にいとおしく感じてしまうのか…?

ただ、いてくれて迎え入れてくれるだけで
落ち込んだ気分もちょっと和むんで、スマホの待ち受けにもさせてもらっている、
とってもかわいい彼らなのです。

欠けてしまっている部分は、もしかしたら震災でやられたのかもしれません。
失礼かもしれませんが、もう、ワシワシと撫でまわしたい可愛さ。

そんな彼らの居る神社と、ここ三年くらいセットで訪れる神社にも、
全く違った感じの可愛い(と言ったら失礼か…)彼らが居ます。
それがこれ。
14858278179211.jpg
14858278179402.jpg
14858278179180.jpg
彼らはお社が引っ越して来た時に多分ついてきたんでしょう。
さすがに宮司さんに聞いても、建物に関してはよそから受け継いだらしいですが、
彼らについてはハッキリしたお話は聞けず…
年号等入っていますが違う地域の物ですし…

こっちはスタイルも良く頭をなでなでしたい感じ。

最初のうちはただ”居るなぁ…”くらいでしたが、
ふと気がついたらこうして素敵な二組に出会えてました。(*‘ω‘ *)

身近なところのちょっとした気づきですが、
神様の所に行くのが更に楽しみになりました。

あまり浮気はしない方ですが、年末からは夫婦で
”ご縁のあった神様・仏さまとの絆を深めるために、御朱印を集める”
ということも始めましたので、身近な仏さまや神様を大切にしつつ、
ちょっとずつちょっとずつ、たまたま訪れたりしたところに居た方々をあげていきます。

獅子さん狛犬さんはじめに

2017-01-31 11:02

ここのところ、神社やお寺に行くと気になるのが…
参道にいらっしゃる獅子さんと狛犬さん。

あまり出歩かないので、このカテゴリーはそんなにたくさん
記事をアップできないですが、年末から出会った
獅子さんと狛犬さんを順次アップします。

有名なお寺さんやお宮さんのは名前も出しますが、
小さなお宮さん等の場合は、心無い人に連れていかれても困るので、
イニシャルトーク状態で書かせてもらいますね。

8年ぶりのインフル

2017-01-30 11:42

え~~~、只今我が家には黴菌扱いされている姉ゾーがおります。

事の始まりは、金曜日。
部活をせずに普通に下校してきた模様の姉ゾー、
翌日大会なのにミーティングすらせずに帰るなんぞ、おかしい…

…なんて思って問い詰めたら…

なんと、3時間目に全身かったるくなって4時間目の終わりに保健室に行ったら、
37.3℃あり、”給食終わってからまた来て”と言われて
給食後に行ったら37.5℃あり、そのまま保健室で放課後まで寝ていたと…

なんで四時間目の前に行かねーんだよ。
それで昼前にもう一回行ってれば、午前の診察間に合っただろうに…
やたらに病気にかかりやすいチビタロウが帰ってから病院て、
このインフルエンザ大流行の時期にリスク高すぎだろう!?
そもそも、保健室で寝ててもどうにもなんねーだろ?
他の病気の子も来るだろうし、姉ゾーの何かを誰かにうつしたり、
誰かの何かをもらっちゃったりするだろう?
そーゆー時にはちゃっちゃと家に連絡してもらいなさい!!

と、やや説教したところで、顔が真っ赤なのに気づく。
熱は37.0℃らしいし、関節の痛みとか頭痛とか食欲ないとかないらしい。
ただ、かったるいかな…くらいらしいけど、なんかおかしい。
チビタロウでこの程度なら、病院には連れて行かないけど、
なんせこの5~6年熱出したこともない姉ゾーですから…と、
急いで制服からジャージに着替えさせ、チビタロウに支度させ、
姉妹が接触しないようにして病院に連れていく。

で、病院で37.3だけど即検査→インフルAΣ( ̄□ ̄|||)
ドクターも”まぁ、予防接種受けてたから重症化せずに軽く住んでるんでしょうねぇ…”と、
苦笑い(笑)
学校に電話したら”えぇぇぇっ!?もう出たんですか!?A??えぇぇぇ!?”
…おいっ!!ダジャレかいな…(-_-;)
学校には、”発達障害あって体調の変化に鈍いんで、
次からは大したことなくてもお手数ですが連絡ください”と言い、
おっきな大会が翌日に控えた部活も欠席。
通常なら熱がすぐに下がれば2/1から登校なのに、
2/1は学校の創立記念のため2/2からの登校…Ω\ζ°)チーン

お陰で午前中は動きたいラマ子も、缶詰状態ですわ…Ω\ζ°)チーン

姉ゾーですか?
リレンザ吸入5日分出され、一回目から3時間で2回目吸って…と言われ、
病院出たのが6時近かったので、そのまま車の中で一回目を吸わせて帰宅、
ご飯を食べさせ、二回目を9時ころ吸わせつつ熱を測ったら…既に36.9℃
翌朝、36.8℃の平熱。

それでも、発症後5日間は家族の誰にうつしてもダメ…
ってことで、旦那に初めての黴菌扱いされてます。
姉ゾーが通ったところはアルコール消毒。
姉ゾーが使った洗面台や食器はハイター消毒…ってな具合です。
基本的にタオルは共同で使わないラマ家。
なので、病気の共有は少ないのですが、旦那の方針のもと
インフルは家族の平和のため、隔離…が、我が家の鉄則となっております。Ω\ζ°)チーン

やっと来た初潮

2017-01-30 11:20

え~~~姉ゾー13歳、先日、
やっと大人の女性の仲間入りをすることができました。
ナカナカならなくて、もうすぐ14歳なのにやばいなぁ…と、
ラマ子一人で焦っていて、なったら言いなさいと言った数か月後の出来事でした。

しかぁし…
なっても言ってくる訳でなく、気が付いたのはなった翌日。
ラマ子が寝る前にトイレに行こうとしたら、便座が超汚い!!
ん??この汚れ方は…???

…で、問い詰めたらなってました(-_-;)

年末年始の帰省の時に、”もしなったら”と渡しておいた昼用ナプキンを
かなり消耗してしのいでいたようですが、正直、小学校の授業で
一回だけ教わっただけですから正しい対応とかできず、
ラマ子が気付いたのは二日目の夜…既に、ジャージとかいろんなモンを血だらけにし、
そのあとの出来事でした。(-_-;)

ラマ子が気付いた時には既に
トイレは床も便座もチビタロウの踏み台も血だらけ。
血だらけにしてしまい、下洗いしたジャージはびちゃびちゃで部屋に放置。
パジャマのズボンもパンツも太ももも血だらけ…と、
惨事は起きており、しかも、姉ゾー用の夜用なんて買ってないという悲惨な状態。(T_T)

急いで履いてるもの全て引っぺがし、一年以上前に買っておいた生理用ショーツを履かせ、
通常用のナプキンの当て方を教え、トイレを汚しちゃったときの綺麗に仕方、
下着や服の下洗いの仕方とつけ置き(ぬるま湯の温度とか、アルカリに漬けるとか…)
の仕方を教え、既に寝る体制だったため、夜用が無いときの昼用重ねての代用の仕方、
毎日体調を言わない代わりにカレンダーに書き込んでいるのでその書き込み方…
等々を教えました。(-_-;)

バレなきゃいいと思っていたらしい。
やれやれ…やっぱりこういう事も普通の子と、違うのね…(-_-;)

それにしても姉ゾーの太りやすさ、恐るべし!!
お尻が大きいなぁ…とは思っていたものの、
小6の夏に”身長伸びても150行くかどうか…”と言われていた姉ゾーですから、
生理用ショーツは150サイズを用意してました。
…が、やっと日の目を浴びたそれは…
パツンパツンではち切れそうというか食い込みそうな勢い…
ラマ子も笑いをこらえていたのですが…
全ての処理が終わって姉ゾーが寝た後に、
女の子のことだから…と、あまり見ないようにしていた旦那と
大爆笑してしまいました。(;´∀`)

プロフィール

ラマラマ子

Author:ラマラマ子
なんてことないブータレ主婦です。毎日かなりブータレてます。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR