大山阿夫利神社周辺の獅子さん・狛犬さん

2017-02-01 21:23

さてさて、年末帰省の一番最初に寄った大山阿夫利神社。
そこにいらっしゃった獅子さん狛犬さんのご紹介がまだでしたね。

あまり時間が無かったので、たぶん撮り忘れもあると思います。
ロープウェイの駅から大山寺に続く道の灯篭を支える像も、
結構ユニークで可愛かったのですが、撮ってる余裕なしでしたし…

言い訳はこの辺にして…
ラマ子の母方の祖父の実家は、とある地域で代々続いている神主さんの
家でして…
しかしながら、跡継ぎの筈の方は跡を継がず、
その息子も跡は継がず…で、神様にそっぽを向かれたのか、
若い男性は玉を取る手術を受けざるを得なくなったり、
跡継ぎの筈の方は昨年急死したりして、
絶えかけております。
ラマ子が祖父の出自に気が付いたのは祖父が亡くなってから
10年ほど経った頃で、既に30歳くらいの時でしたから、
自分の進路一個間違えたなぁ…なんて思ったりしても後の祭りです。

話は戻して、その昔、祖父の実家からも大きな祈祷などがあるときには、
呼ばれてお手伝いに行っていたのがこの、大山阿夫利神社だそうです。

そして不思議なことに…
祖父が婿養子に入った先のお家の菩提寺が、飯泉観音勝福寺なのですが、
そちらの先々代のご住職は、大山寺で住職をなさっていたとか…
なので、おそらく祖父の親と飯泉観音のご住職のおじいさまは、
結構な確率ですれ違ったり挨拶したりしていんではないかなぁ…なんて思ったりします。

そして昭和も終わりかけのころ…
母親に”ハイキングに行こう”と、スエット上下にスニーカーという
結構恥ずかしい格好で、小田急線に乗せられて行ったのがこの大山阿夫利神社でした。
途中の参道とか、いい感じだしお社もおっきいなぁ~、
途中の坂道きつかったけど景色が良くていいんじゃない?なんて思って
”お参りも済んだしさて帰ろうか”なんて帰ろうとしたら…
”あんた何言ってんの?ここから頂上まで石段を登るのよ”と、
わけのわからないことを言われ…
そこからの山頂の本社への道のきつかったこときつかったこと…
石段ってこんなんじゃないだろ?と言うような腰の高さまであるような石がゴロゴロ。
気づけば周りはみんな、本格的な登山の恰好で登ってるし。
スエット上下にスニーカーなんて舐め過ぎた格好で登ってんのラマ子だけ。
お昼に付くなんて言われてたけど昼には着かず、更に頂上めっちゃ寒いし
おにぎり冷え切ってるし。(-_-;)
帰りに名物の大山豆腐食べたかったし、すぐに登り切るなんて言われてましたが、
参道に戻るころには既に日は落ちかけ、お店もクローズ。
もう、母親に騙された!!
としか思えない、キョーレツな思い出が御座います。

…で、そんな大山阿夫利神社で出会った方々がこちら。
神社ですから先ずは本殿にお参りして神様にご挨拶し、
御朱印をいただいたり敷地内をのんびり楽しんでいた時に出会ったのが、
先日あげた獅山。
14859492286391.jpg
14859492285830.jpg
上の親から落とされて這い上がっていこうとする子まで、
みーんな笑顔(*´艸`*)
”山登りは、楽しいぞっ♪”的な…?

本殿に向かう最後の階段の所にたたずんでいたのが、
かなりのマッチョ系のこのお二方。
14859492448383.jpg
14859492448212.jpg
腕が力強過ぎて、踏ん張ったら引き気味になっちゃったような~~。
阿さんのほうは、クシャミでそうで二回くらい”ハ~”って言った時のような~。
吽さんの方は、なんか飲み込んじゃった?ような~。
やっぱり、あれだけの山道を登ってきて、
後方にあれだけの山道を登った先に神様がいらっしゃるだけのことはあります。
そりゃ、筋肉だってついちゃいます。筋肉半端ないっす。(*_*;

さらに…
旦那が撮っておいてくれた一枚。
どこにいらっしゃった?って聞いても、”覚えてない”そうですが…
14859492634830.jpg
こちらは石でできてますが、やはり筋肉質。(*´艸`*)
ちょっと表情固いですが、結構必死で睨んでる感じがたまりませんね。

たぶん、参道にはほかにもいらっしゃったんだと思いますが、
子供が居たし、お昼もまわっててあまり時間が取れずに、
大山寺も行ってお土産屋さん閉まる前に遅い昼を食べて、
夕方には実家に着くぞー!状態だったので、そのうちリベンジします。

そうそう、
ラマ子が体力取り戻したら、子供抜きで登りに行きたいなぁ~。
…なんて、思ったりして…
相当トレーニングしないと無理だけどね…(-_-;)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ラマラマ子

Author:ラマラマ子
なんてことないブータレ主婦です。毎日かなりブータレてます。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR