悲しい現実

2018-02-08 08:01

目指してきた理想は、そう高くはなかった。
ごく当たり前の事と、ごく当たり前の親子よりも低いはず。


で、私は腹くくってガチでぶつかって、
いつも本気でできる限りの力で頑張っていた。
責任もって育てようとね。
彼女が彼女らしく自立できるように、
体もちゃんと成長できるようにと、
将来のことだって、ちゃんと考えてあげてながら。
子供として育てれば、そりゃ、本気で怒ったり心配したりする。
そんなの、当たり前の話だ。



けど、彼女と旦那は…
覚悟もなかったし、私が本気でぶつかってても、
そうじゃなかったんだね。
将来のこととか、なんも考えてなかったし、
成長とか自立とか、目指してなんかいなくてさ。
子供としてガチで育てるって、どう言うことなのかもわからず、
ただ、私が怒って怖いと。

可愛い可愛いって誉めて育てようとすれば、何もしなくなる出来なくなるからできない。
おやつとか色々食べさせてあげたくても、太りやすすぎて、体重増加→生理→身長の伸びのストップにに繋がりかねなくて、低身長ギリギリの彼女にはできない。
一緒に泣いたり笑ったりしたくても、本当に必要な相談や連絡ほどしてくれないからそれもできない。
そう言うちっちゃい事に苦しみながらやって来たことには、全く気づかず。
私の苦しんできたことは決してちっちゃくはなく、本当はそれが大きいことだったんだけどね。

子供はペットじゃない。
ペットだって、ある程度責任もって育ててかなきゃいけないけど、
子供を育てるにはそれ以上の責任がある。
そんなこともわからず。



そういった小さな差が、気がついたら崖のような大きな高さになっていて、
途中、それに気がついて、
崖にならないように何度か私の方から崩してみたんだけど、
あっちは崩そうとしないから、段差はできたままで、
で、崖が出来た。

ただ、普通の崖って言うのは、
決死の覚悟で登って、上の人が命綱握ってフォローして登りきるか、
はたまた決死の覚悟で上の人が降りるかすれば、
崖の上の人と下の人は同じ高さの場所て会えるけれど、
人の心の崖って言うのは、それがナカナカかなわない。



ただそれだけのこと
それだけのこと…

ぶっちゃけ
家庭、崩壊してます。

けど、あの人たち、何がどうしてこうなったか、長い目線でみて考えらんないから、私一人が崩壊してるみたいな…



23日の誕生日、本来は周りの人に感謝する日なんだけど、
気持ちがどうにもならないわ。
スポンサーサイト

感覚鈍麻という落とし穴

2017-07-11 11:55

ここのところ、姉ぞーが熱中症…というよりも熱疲労の症状が急に出て、
部活の方々をお騒がせしている。

ラマ子、自家製の経口補水液を持たせたり、練習が長時間の時は
それを凍らせたものも持たせて、体のクーリング用の氷のように使わせたりしてますが、
それでもそんなでして…

日曜なんて、部活のお友達と食事に行ったお好み焼き屋さんで、
鉄板の熱気にやられて急激な熱中症症状→急激な熱疲労症状で、
ラマ子食事中に救急出動してあねぞーを引き上げ、
帰って手当をする…というアクシデントが起きました。
(その時すっころんで、ラマ子も膝をザックリとやっちまいまして、
ただいま通院中)

で、なんでこんなに…と思っていろいろと調べていたのですが、
発達障害の子は暑いのが苦手な子が多いらしく、
特に自閉症の子は今話題の”感覚過敏”というのと”感覚鈍麻”というのがあるらしく、
その鈍さ故のいろんなことがあるんだそう。

いままで”コイツ鈍いなぁ…”と思いつつも、まぁしょうがない…
って思って済ませていましたが、暑さを感じたり自分の不調を感じるアンテナが
鈍いんで、どんなに本人や周りが気を付けていてもなっちゃうっていう、
なんだかとてつもなくややこしい状況に陥ってます。

本人には、練習についていけてないのは事実だし、
先生や皆に迷惑かけたり足を引っ張ったりしているのも事実。
気が使えないからこそ皆に教えてもらって、
気を遣う練習としてマネージャ-業へ転向するとか、
そういうことが必要なんじゃないの…?って話もしましたが、
それは納得いかないみたいで困ったもんです。

さすがに熱中症は、本人の命にもかかわることですから、
本人が苦しめばいいだけの話ではなくなります。
そのあたり、どう本人が納得いって答えを出すか…ですね。

ひとまず顧問には”どれを切り捨てるかはお任せしますが、練習の半分だけやらせてください”
という手紙をだしました。

感覚過敏がいるんだから、反対もいて、姉ぞーは反対のタイプなんだろうな~
くらいにのんびり構えてましたが、こういうところで落とし穴があるとは思ってもみませんでした。
どうしたもんじゃろのぉ~~

8年ぶりのインフル

2017-01-30 11:42

え~~~、只今我が家には黴菌扱いされている姉ゾーがおります。

事の始まりは、金曜日。
部活をせずに普通に下校してきた模様の姉ゾー、
翌日大会なのにミーティングすらせずに帰るなんぞ、おかしい…

…なんて思って問い詰めたら…

なんと、3時間目に全身かったるくなって4時間目の終わりに保健室に行ったら、
37.3℃あり、”給食終わってからまた来て”と言われて
給食後に行ったら37.5℃あり、そのまま保健室で放課後まで寝ていたと…

なんで四時間目の前に行かねーんだよ。
それで昼前にもう一回行ってれば、午前の診察間に合っただろうに…
やたらに病気にかかりやすいチビタロウが帰ってから病院て、
このインフルエンザ大流行の時期にリスク高すぎだろう!?
そもそも、保健室で寝ててもどうにもなんねーだろ?
他の病気の子も来るだろうし、姉ゾーの何かを誰かにうつしたり、
誰かの何かをもらっちゃったりするだろう?
そーゆー時にはちゃっちゃと家に連絡してもらいなさい!!

と、やや説教したところで、顔が真っ赤なのに気づく。
熱は37.0℃らしいし、関節の痛みとか頭痛とか食欲ないとかないらしい。
ただ、かったるいかな…くらいらしいけど、なんかおかしい。
チビタロウでこの程度なら、病院には連れて行かないけど、
なんせこの5~6年熱出したこともない姉ゾーですから…と、
急いで制服からジャージに着替えさせ、チビタロウに支度させ、
姉妹が接触しないようにして病院に連れていく。

で、病院で37.3だけど即検査→インフルAΣ( ̄□ ̄|||)
ドクターも”まぁ、予防接種受けてたから重症化せずに軽く住んでるんでしょうねぇ…”と、
苦笑い(笑)
学校に電話したら”えぇぇぇっ!?もう出たんですか!?A??えぇぇぇ!?”
…おいっ!!ダジャレかいな…(-_-;)
学校には、”発達障害あって体調の変化に鈍いんで、
次からは大したことなくてもお手数ですが連絡ください”と言い、
おっきな大会が翌日に控えた部活も欠席。
通常なら熱がすぐに下がれば2/1から登校なのに、
2/1は学校の創立記念のため2/2からの登校…Ω\ζ°)チーン

お陰で午前中は動きたいラマ子も、缶詰状態ですわ…Ω\ζ°)チーン

姉ゾーですか?
リレンザ吸入5日分出され、一回目から3時間で2回目吸って…と言われ、
病院出たのが6時近かったので、そのまま車の中で一回目を吸わせて帰宅、
ご飯を食べさせ、二回目を9時ころ吸わせつつ熱を測ったら…既に36.9℃
翌朝、36.8℃の平熱。

それでも、発症後5日間は家族の誰にうつしてもダメ…
ってことで、旦那に初めての黴菌扱いされてます。
姉ゾーが通ったところはアルコール消毒。
姉ゾーが使った洗面台や食器はハイター消毒…ってな具合です。
基本的にタオルは共同で使わないラマ家。
なので、病気の共有は少ないのですが、旦那の方針のもと
インフルは家族の平和のため、隔離…が、我が家の鉄則となっております。Ω\ζ°)チーン

やっと来た初潮

2017-01-30 11:20

え~~~姉ゾー13歳、先日、
やっと大人の女性の仲間入りをすることができました。
ナカナカならなくて、もうすぐ14歳なのにやばいなぁ…と、
ラマ子一人で焦っていて、なったら言いなさいと言った数か月後の出来事でした。

しかぁし…
なっても言ってくる訳でなく、気が付いたのはなった翌日。
ラマ子が寝る前にトイレに行こうとしたら、便座が超汚い!!
ん??この汚れ方は…???

…で、問い詰めたらなってました(-_-;)

年末年始の帰省の時に、”もしなったら”と渡しておいた昼用ナプキンを
かなり消耗してしのいでいたようですが、正直、小学校の授業で
一回だけ教わっただけですから正しい対応とかできず、
ラマ子が気付いたのは二日目の夜…既に、ジャージとかいろんなモンを血だらけにし、
そのあとの出来事でした。(-_-;)

ラマ子が気付いた時には既に
トイレは床も便座もチビタロウの踏み台も血だらけ。
血だらけにしてしまい、下洗いしたジャージはびちゃびちゃで部屋に放置。
パジャマのズボンもパンツも太ももも血だらけ…と、
惨事は起きており、しかも、姉ゾー用の夜用なんて買ってないという悲惨な状態。(T_T)

急いで履いてるもの全て引っぺがし、一年以上前に買っておいた生理用ショーツを履かせ、
通常用のナプキンの当て方を教え、トイレを汚しちゃったときの綺麗に仕方、
下着や服の下洗いの仕方とつけ置き(ぬるま湯の温度とか、アルカリに漬けるとか…)
の仕方を教え、既に寝る体制だったため、夜用が無いときの昼用重ねての代用の仕方、
毎日体調を言わない代わりにカレンダーに書き込んでいるのでその書き込み方…
等々を教えました。(-_-;)

バレなきゃいいと思っていたらしい。
やれやれ…やっぱりこういう事も普通の子と、違うのね…(-_-;)

それにしても姉ゾーの太りやすさ、恐るべし!!
お尻が大きいなぁ…とは思っていたものの、
小6の夏に”身長伸びても150行くかどうか…”と言われていた姉ゾーですから、
生理用ショーツは150サイズを用意してました。
…が、やっと日の目を浴びたそれは…
パツンパツンではち切れそうというか食い込みそうな勢い…
ラマ子も笑いをこらえていたのですが…
全ての処理が終わって姉ゾーが寝た後に、
女の子のことだから…と、あまり見ないようにしていた旦那と
大爆笑してしまいました。(;´∀`)

数学の偏差値が極端に下がった…

2016-12-15 13:49

昨日、ポストにZ会の封筒が入っていました。

これは、待ちに待った先日の”Vテスト”なる、
全国一斉テストの結果だったのですが、開けてビックリ。

得意だったはずの数学の偏差値が、50を切ってしまいました。(-_-;)

主要三教科しか受けてないんですが、英語はまぁまぁ。
日本語は苦手な姉ゾー、国語はそれなりに低いけど、
まだ、かろうじて偏差値は50代。

文系がダメなら理系にするしかない。
けれど、色んな概念がわからなかったり、
数学の文章題が理解できないと、結局理系も無理…
中学入って一気に数学の壁に当たりそうだ…
ってことで、学習塾並みに小学生時代に数学をたたき込んだのですが、
結局そっちも微妙な結果に…

小学校で努力させてなかったら、今、さらにひどかったんだと
思うんですが、なんかね…すでに躓いたかと(-_-;)

田舎の、寮があって食べていけそうな資格の取れそうな高校の
偏差値調べて、更にビックリ。
入学できるかすらヤバイじゃん…

全国区での偏差値の低さから言って、
やっぱり、ラマ子地方は学力低いのか!?

一応、今の中学では成績は良いほうなので、
推薦入試狙ってますが、このまんまだと、
入学はできても勉強ついていけず、卒業できないかも…

色々、調べなおしたりしないとだめかもしれないです。
来年は、全国統一中学生テストも受けさせるかな…

プロフィール

ラマラマ子

Author:ラマラマ子
なんてことないブータレ主婦です。毎日かなりブータレてます。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR