スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感覚鈍麻という落とし穴

2017-07-11 11:55

ここのところ、姉ぞーが熱中症…というよりも熱疲労の症状が急に出て、
部活の方々をお騒がせしている。

ラマ子、自家製の経口補水液を持たせたり、練習が長時間の時は
それを凍らせたものも持たせて、体のクーリング用の氷のように使わせたりしてますが、
それでもそんなでして…

日曜なんて、部活のお友達と食事に行ったお好み焼き屋さんで、
鉄板の熱気にやられて急激な熱中症症状→急激な熱疲労症状で、
ラマ子食事中に救急出動してあねぞーを引き上げ、
帰って手当をする…というアクシデントが起きました。
(その時すっころんで、ラマ子も膝をザックリとやっちまいまして、
ただいま通院中)

で、なんでこんなに…と思っていろいろと調べていたのですが、
発達障害の子は暑いのが苦手な子が多いらしく、
特に自閉症の子は今話題の”感覚過敏”というのと”感覚鈍麻”というのがあるらしく、
その鈍さ故のいろんなことがあるんだそう。

いままで”コイツ鈍いなぁ…”と思いつつも、まぁしょうがない…
って思って済ませていましたが、暑さを感じたり自分の不調を感じるアンテナが
鈍いんで、どんなに本人や周りが気を付けていてもなっちゃうっていう、
なんだかとてつもなくややこしい状況に陥ってます。

本人には、練習についていけてないのは事実だし、
先生や皆に迷惑かけたり足を引っ張ったりしているのも事実。
気が使えないからこそ皆に教えてもらって、
気を遣う練習としてマネージャ-業へ転向するとか、
そういうことが必要なんじゃないの…?って話もしましたが、
それは納得いかないみたいで困ったもんです。

さすがに熱中症は、本人の命にもかかわることですから、
本人が苦しめばいいだけの話ではなくなります。
そのあたり、どう本人が納得いって答えを出すか…ですね。

ひとまず顧問には”どれを切り捨てるかはお任せしますが、練習の半分だけやらせてください”
という手紙をだしました。

感覚過敏がいるんだから、反対もいて、姉ぞーは反対のタイプなんだろうな~
くらいにのんびり構えてましたが、こういうところで落とし穴があるとは思ってもみませんでした。
どうしたもんじゃろのぉ~~
スポンサーサイト

親友の再発

2017-06-10 00:16

旦那のおばあちゃんが亡くなってバタバタしてた矢先の雛祭りの日、
元親友のJちゃんの癌の再発の知らせを受ける。

こんな時は神頼みくらいしかラマ子にはできない…

…けど、喪中も喪中、49日も終わってないから、とりあえず49日まではおばあちゃんの冥福を祈り、
近場のお寺さんにだけ毎週通う。

やっと喪があけてすぐ、旦那にお願いして医薬の神様である酒列磯前神社と大洗磯前神社に神頼みツアーに行く。

けど…
けどけど…
けどけどけど…

再発と聞いて、神様に病気が治る事をお願いするのは無茶ぶりじゃないかと思う。
というか、神様は、病気を治す力はないらしい。
良い治療法や、良いドクターとのご縁を繋いでくれるらしい。

母方の祖父を前立腺がんで亡くしたので、ガン患者の最期の方の苦しみ様は見たつもりだ。
彼女を喪うのはとても辛いしコワイ。ラマ子には、かけがえのない人だ。
小学校の高学年に良い担任と彼女に出会って、やっとラマ子は学校生活が楽しくなった。
それから20代の後半までは、ずーっと仲良し、なんでもお互い相談したりしてた。
連絡取り合わなくなっても、頑張りやさんの彼女はきっと頑張ってる…そう思うと頑張れた。
けど…義理の父&祖母、母親と身内を次々と亡くして身内がもういない彼女に、
痛くて苦しい思いをさせるのは酷なんじゃないかとも思う。
だから、何がなんでも生きろとはいえない。
何がなんでも長生きしてほしいとはいえない。

だから…

できるなら良いドクターと良い治療法との御縁を結んであげて、治してあげてほしいけど、
それが叶わないなら、本人が苦しまないよう、
最後まで本人らしく笑っていられるようにしてあげて欲しいと、
お守りを買って彼女に送るから、お守りを通してその辺お願いしますと、そうお願いしました。

一緒におばあちゃんになって、“あのときはこんなだった…”なんて昔話して、
一緒に笑うのが夢だけど…
抗がん剤治療、相当苦しいらしい。
髪の毛の仕事してるのに、髪の毛もなくなってしまったらしい。
大好きだからこそ、幸せでいて欲しい。
大切だからこそ、頑張りすぎないで欲しい。

彼女の頑張りが報われて、元気になって欲しい。

これ以上、辛い思いをさせたくはない。

たぶん、来るもの拒まず去るもの追わずな彼女は、自分からは連絡をしてこない。
未だに連絡取り合ってる友達はいるのか?という感じもある。
容態が急変しても、誰にも知らされないんじゃないかと言う気もする。
彼女がそれを望んでるならそれはそれだけど、万が一の時、
後悔はしたくないから、重荷にならない程度に付きまとってやる~って、
心に決めた春でした。

誕生日に休日をもらうその2

2017-06-08 17:55


さて、誕生日休暇…
2月も後半の小田原と言ったらこれでしょ!ってことで、
二晩明けて荷造りしたら(チビタロウに相撲駒とか姉ぞーに小田原漆器のお椀とか、旦那に菜の花の夏柑ピールチョコとか色々買ったし、親が旦那へのお土産用意してたんで…(^_^;))遅くなっちゃったんですが、
曽我梅林散策へ…

まずは早お昼に、この時期大盛況な下曽我駅前の平野屋さんでカツ丼をいただき…

味が濃かったですが、ここのカツ丼、B級グルメチャンピオンになれるんじゃないかって思えるくらい、本当に美味しいんです。
素朴で懐かしい味です。
お店が激狭なんで、地元のおじさま方や観光客と相席でいただきました。

それから、曽我梅林散策へ。
体がお抹茶と和菓子を欲してるので、
瑞雲寺さんに“菜の花”の出店があることを期待して、中河原梅林へ…
しばらく梅林の中を散策して瑞雲寺に着いた‼

…けど…
菜の花さんは出店しておらず…
残念‼(>_<)

昔は中河原梅林も売店や色々ありかなりの賑わいだったのですが、
あまりに久しぶりに行ったら、売店等は無し…(^_^;)
手入れがされてなさそうな梅の木もちらほら…

なんかさみしいねぇ…

そして明るいうち、日が傾く前に家路につきました。

晩御飯はどうしたかって言いますと…
カツ丼が思った以上にヘビーでして、大してお腹が空かず、
途中でなにか食べようと思ったけどそれも面倒になり、
でも野菜とタンパク質は食べたくて、ローストビーフサラダをお持ち帰りしました。(^_^;)

不良母ちゃんのお休みはこれでおしまい‼
あ~、私、久々に翼生えてたわ~。スッキリした~。
みんなありがとう。しばらく頑張れるわ~。なんてお気楽に思ってました。
この後、旦那のおばあちゃんが亡くなり、偉いことになるなんて微塵も思っていませんでしたわ…。

誕生日に休日をもらう

2017-06-07 14:07

またまた2月のお話。
旦那が誕生日プレゼントは何がいいか?と聞いてきたので、
ダメモト?で、”休暇がほしい、実家に帰らせてくれ”と言ったら快諾。
さすがにタダは悪いと、電車のチケットまでつけてくれました。

ラマ子がいると姉ぞーは家事や手伝いなど一切しないので、
これ幸いと、家事全般は姉ぞーに託し、夕方電車に飛び乗り、二泊二日で行ってまいりました。

初日はもう、ご飯食べて寝るしかなかったので二日目…
城下町アート散歩へ…
14968088238070.jpg
まずは、飛鳥画廊さんで、ぐるぅぷ碧さんのチャリティー展へ。
知り合いがやっているのですが、久々に話し込みました(^^♪

14968088741910.jpg
続いては二宮神社へ行き、参拝後に金次郎カフェで早お昼を…
二宮神社の”阿”さんも”吽”さんも、顎、凄いですね~。
”元気ですかっ!!”って感じです。
14968088742922.jpg

14968088240061.jpg
そして、ちょうどやっていたアートイベントを見に、旧瀬戸たばこ店へ…
中では、クラフト作家さんの即売や、子供向け水墨画のワークショップなんかを
やっていました。

14968088742631.jpg
続いては、旧松本剛吉別邸 雨香亭へ…
お茶室だったところで、ちょっとしたアート作品や朗読(?)を楽しみました。

もう少しいろいろ行ったりしたかったのですが、疲れたし、
父の友達が観梅ついでに実家に飲みに来る…ということだったので、その日は明るいうちに退散しました。

実家に帰ると毎回思うのですが、その日の気分によってまわれる
お散歩コースがいっぱいある…ってーのは、本当にいいですね。

2月、またまた夢に故美枝おばさんが

2017-06-07 13:48

こんにちは。
ちょっとずつ、アップしていない間のことをアップしようと思い、
アップしない間に最初に起きた出来事を…

昨年の2月の記事にもありますが、実は2月に、またまた、
夢に故美枝おばさんが出てきました。
今回は細かく言うと出てきてはいないのですが、
存在はありました。

夢の中で、ラマ子はバスに揺られていました。
目的地に行く途中で、よく見た景色を見ました。
それは、ラマ子の母の実家の近くの景色…
遠くに引っ越しちゃったし、せっかく近くを通るのだから…と思いつき、
お墓参りに行くと…

なんと、お墓の周辺は、コスモス畑になってしまっていました。
お水をくむところも、コスモスに埋もれていたのですが、
なんとかバケツに水を汲み、お墓のあったあたりに行くと…
お墓もコスモスに埋もれていました。
しかも、おばさんとおばあちゃんの気配はするが、
不思議とおじいちゃんの気配はなし…
けど、姿も現してくれないし、何もしゃべってはくれない。
怒ってるのか訴えたいのか微妙な感じ。
わけわからないけどよそのお墓は勝手にいじっちゃいけないよなと思い、
しょうがないのでそのままそこに水をやり、手を合わせ、
お寺の事務所(?)らしき所に行き、お線香をあげお水をあげて、
その後、お寺の方と何か喋っているうちに夢は景色を変えてしまった…

という内容。

去年は、何もしゃべらないけどニコニコしてたから、なんだろう?
って思ったけど、その直後のチビの入院やら乳がん検査引っかかったのやらも、
乗り越えて年末には”いろいろあるけど大丈夫だよ”ってことが言いたかったのかな?
って思えたけど、今年は本当に何があるかわからない年だけに、ちょっと引っかかる。
しかも、母の実家には今、叔父とその彼女しかおらず、その彼女も某宗教の方で…
叔父は改宗でもしようとしているのか?

夢を見て、実家に一時帰省した時に母の実家に行き仏壇に手を合わせたけど、
だからと言ってその後、何か沙汰があったわけでもないし。
その実家から帰ってすぐに、旦那のおばあちゃんが亡くなったりしたし。
そっちが落ち着いたと思ったら、チビが季節外れのインフルになるし。
年末になったら、わかるのかな…?

恙なく、今年という年が終わってくれますように…

プロフィール

ラマラマ子

Author:ラマラマ子
なんてことないブータレ主婦です。毎日かなりブータレてます。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。